使用塗料について

使用塗料について

塗料にはたくさんの種類があり、分類の仕方もいろいろあります。
ここでは倉敷外壁塗装.comで使用している塗料の一部を紹介します。

塗料のグレード画像

塗料は、普通何回か塗り重ねることにより、塗膜としての機能を果たします。いくら高価な塗料を使用しても、適切な施工がされなければ効果は期待できません。
技術が進歩して塗料もたくさん良い物が出てきました。しかし、塗料(ペンキ)だからと言って、どの塗料でもすべての物に塗れるわけではありません。外壁用の塗料、屋根用の塗料など塗装部位によって使用する塗料も変わってきます。
また、モルタル、木材、鉄など部材によっても使用できる塗料が違います。お客様のご要望、ご予算に合わせてそれぞれのお宅に適した塗料を選定いたします。

塗料の種類

アクリル樹脂塗料

・耐用年数は、6~7年程度です。
・一番の特徴は、塗料が安価なことです。
・耐用年数を考えずに、とりあえずきれいにしたい、
 色を変えてみたい場合に適しています。

アクリルシリコン樹脂塗料

・耐用年数は、10~15年程度です。
・低汚染性に優れ、現在もっとも多く使われている
 塗料です。

フッ素樹脂塗料

・耐用年数は、15~20年程度です。
・まだ、塗料の価格は高いですが、塗替えの期間を
 長くしたい場合に適しています。

その他の分類

水性と油性

・それぞれの塗料(樹脂)に水性(水系)と油性(溶剤系)があります。
・水性塗料は水で希釈(うすめる)し、油性塗料は溶剤(シンナー)で希釈します。
・最近は、環境に優しい水性塗料や溶剤系の塗料では弱溶剤系が使われています。
・水性塗料だからといって、耐候性が劣るということはありません。
・無臭ではありませんが、小さなお子様やペットがいるお宅などでニオイが気になるから水性塗料を選ぶという場合もあります。

つやありとつや消し

・通常の塗料は、艶(つや)ありになります。
・艶ありには、3、5、7分艶など調整のできる塗料もあります。
・一般的には、艶ありの方が耐候性があると言われますが、最近では艶消しでも耐候性のある塗料がでています。
・和風のお宅やあまりピカピカするのが好みでは無いという方にはつや消しがおすすめです。

硬質と弾性

・塗料が乾燥して塗膜が、硬質になるもの、弾性があるもの。
・弾性塗料の中にも、微弾性、高弾性などの種類があります。

機能性

・美粧や部材の保護だけでなくいろいろな機能を持たせた塗料があります。
・防カビ、防藻、低汚染など、汚れのつきにくい塗料。
・遮熱、断熱など省エネに配慮した塗料。